仕事と子供3人の子育てをしながら、短時間でできる料理とつくばの身近な情報・お役立ち情報を発信します
2013-02-18 (月) | 編集 |
自分でパンを焼くときはホームベーカリーで食パンを焼くのがほとんどだったのですが、冷凍のパン生地がある、というのを知ってずっと気になっていました。
そのパン生地をいただく機会があり、早速お試ししてみることにしました。

8485145264_78d594d445_z.jpg



「小麦の匠」というパスコのおうちパン工房というサイトで扱っているものなのですが、1次発酵まで終わった生地が冷凍されています。

夜に冷蔵庫に入れておけば、朝には解凍され(室温でも90分ほどで解凍できるようです)、成形、2次発酵して、あとは焼くだけ、というものです。

シンプルなパン生地なので、サンドウィッチにしてみました。


解凍された生地を麺棒で小判形に伸ばし、半分に折って50分発酵。
170℃のオーブンで11分加熱してパンの焼き上がり。
少し粗熱が取れたら切り目を入れます。

アボガドとカリカリに焼いて粗挽き胡椒をふったベーコンと水菜をサンド。
先日のプリムローズでのランチでお友達が食べていた厚切りベーコンのサンドイッチをイメージして作ってみました。
パンのふんわり感はなかなかのものです。

シンプルな生地なので、いろいろなパンにアレンジできそうです。

Pascoファンサイトファンサイト参加中

関連記事
ブログランキング・にほんブログ村へ
プラチナレポーター
コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿する
URL:
コメント:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック: