仕事と子供3人の子育てをしながら、短時間でできる料理とつくばの身近な情報・お役立ち情報を発信します
-------- (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブログランキング・にほんブログ村へ
プラチナレポーター
2012-11-26 (月) | 編集 |
連休中は計画を立てていなかったので、家でゆっくりしていました。
のんびりできたので、お昼もたこ焼きなどをしてゆっくり過ごしました。
我が家のたこ焼きの作り方をご紹介します。

8210785730_645cdce5ef_z.jpg

たこ焼きは、三男のリクエスト。
以前からリクエストされていたのですが、たこ焼きは作り始めると時間がかかるので、のんびりできるときに作ります。

今までたこ焼き器も鉄製のものなどいくつか試しましたが、ホットプレートに取り付けられるたこ焼きプレートが一番うまくできます。

ちなみに、実家の大阪では、たこ焼きは作るものではなくて、買ってきて食べるもの、です。
あと、大阪にはたこ焼きを自分で焼けるお店もあります。
あまり家では作らないようです。

まず、生地を作ります。
薄力粉1カップ(200g)にだし汁2.5カップ(750cc)、卵2個をだまができないように混ぜます(私はバーミックスでガーッと混ぜています)。

プレートに油を薄く敷き、生地を流し込み、タコを入れていきます。

8210786170_c0565c5143_z.jpg

天カスを生地の上にパラパラっとかけ、

8210786408_968b5bbbf0_z.jpg

ねぎと紅しょうがをかけて、周りが乾いてくるまでしばらく待ちます。

8210786628_2f2785cb20_z.jpg

周りが乾いてきたら、周りにはみ出している生地をまとめながら竹串でひっくり返します。

8209698983_b4c62c5398_z.jpg

だしで食べると明石焼き風。(本当の明石焼きは、もっと柔らかいです)

8209699185_18ac6126d8_z.jpg

しょうゆマヨネーズやソースマヨネーズなど、お好みの味付けで食べます。

8209699461_3b56cb8d9c_z.jpg

だいたい上の分量で40個弱。

100個くらい焼いて、隣のホットプレートで焼きおにぎりをしたりして、満腹でした!

少し粉っぽいとの旦那の意見もあり、次回はもう少し生地のだし汁の割合を増やしてみます。

関連記事
ブログランキング・にほんブログ村へ
プラチナレポーター
コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿する
URL:
コメント:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。