仕事と子供3人の子育てをしながら、短時間でできる料理とつくばの身近な情報・お役立ち情報を発信します
2012-06-22 (金) | 編集 |
鹿児島の「あまみプラム」。生協で扱っていたので、ジャムにしようと購入。
プラムはペクチンが豊富で、このあまみプラムは、果肉が赤い(紫?)のですが、大石早生やサンタローザなど中が黄色いものを使うと濃いピンク色に仕上がります。

P1050972.jpg

まず、プラムを洗い、


P1050937.jpg

ボールの中で果肉を種から外します。
小さめのナイフを使って皮をむかずに種を外すようにします。

種を外したら、正味量の50%の砂糖を加えます。

今回は種を外したプラムが570gだったので、砂糖は285g加えました。

それを鍋に移し、強めの中火で煮ます(ポイント)。

P1050940.jpg

ジャムは短時間で仕上げるほうがおいしくできるようで、1キロで10分くらいの加熱でよいそうですが、ぐつぐつなってくると心配で少し火を弱めてしまうので、今回はほんの少しとろっとするまで15分煮ました。
強めの火で加熱しても焦げないように厚手の鍋で煮るのがポイント。

煮ている間に別鍋に湯を沸かし、保存びんやスプーンを煮沸消毒。

ジャムが出来上がったら、ジャムもびんも熱いうちにびんに入れます。

口ぎりぎりまで入れたら軽くふたをして、一呼吸おいてからきゅっと閉め、さかさまにして冷まします。

P1050944.jpg

こちらが出来上がり。

P1050962.jpg

ヨーグルトやパンにつけて食べます。

パルシステム おいしい手づくりコミュニティ
関連記事
ブログランキング・にほんブログ村へ
プラチナレポーター
コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿する
URL:
コメント:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック:
鹿児島の「あまみプラム」。生協で扱っていたので、ジャムにしようと購入。プラムはペクチンが豊富で、このあまみプラムは、果肉が赤い(紫?)のですが、大石早生やサンタローザな...
2012/06/23(土) 03:40:52 | まとめwoネタ速neo