仕事と子供3人の子育てをしながら、短時間でできる料理とつくばの身近な情報・お役立ち情報を発信します
-------- (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブログランキング・にほんブログ村へ
プラチナレポーター
2012-05-23 (水) | 編集 |
我が家のお好み焼きは、普通とは少し違ったお好み焼きかもしれません。
小麦粉は大さじ1~2のみ。
つなぎは卵で、キャベツはたっぷりと。
ソースは、鶴橋風月のお好みソース。

P1050017.jpg

この上に鰹節をかけていただきます。

【材料】

  • 豚ばら肉:400gくらい
  • キャベツ:1/2個くらい
  • 紅ショウガ:適量
  • 青ねぎ:1本
  • 天かす:適量
  • 卵:3~4個
  • 薄力粉:大1~2

【作り方】

  1. 大きめのボールに千切りにして洗ったキャベツ、卵、薄力粉を入れ、スプーンで混ぜる
  2. フライパンを十分熱し、豚ばら肉を2~3枚敷く。その上に1を丸くのせる
  3. その上に天かす、紅ショウガ、青ねぎ(きざんだもの)をのせ、最後に豚ばら肉をふたをするように2~3枚のせる。
  4. 弱火にし、7~10分焼く。
  5. 裏返し、5~8分焼く。
  6. 皿に取り、お好みソース、マヨネーズを塗り、かつおぶしをかける

【感想】

お肉でキャベツを挟み込むことで、キャベツが蒸された状態になり、甘味が引き立ちます。キャベツの千切りが一苦労なので、最近では電動スライサーを使っています。
バラ肉からかなり油が出るので、フライパンには油をひきません。

関連記事

ブログランキング・にほんブログ村へ
プラチナレポーター
コメント:
この記事へのコメント:
ごっつ、ええかんじ!
スポンジボブ123さん
まいどっ!ごめんやすっ!
こんにちは。
粉少な目のお好み焼き。ええ感じやと思います。
関西は粉モン文化と言われますが、
粉控えめでキャベツと具材の味が引き立つ
ようにウチもしています。
自分は毎回直径約15センチ、厚さ約2.5センチになるよう
ユル過ぎず固過ぎず生地をコネてましたが、
粉控えめにするんがこの大きさになりやすいと、
ここ数年で気づきました。

お好み焼き
奥が深いです(^^ゞ
2012/05/23(水) 11:18:00 | URL | αkira301 #-[ 編集]
>αkira301 さん

関西のお好み焼きはどこも粉少な目なんでしょうか?
このお好み焼きも旦那の実家風なので、大阪風なんだと思います。
フライパンを測ってみたら15cmだったので、うちも直径は約15cmのお好み焼きです。厚さは2.5cm?それくらいかもしれません(測ったことはないですが)。

これくらいの直径だと、裏返すのもやりやすいですよね。

ほんと、奥が深い。。。
2012/05/23(水) 16:51:54 | URL | スポンジボブ123 #-[ 編集]
多分ですが・・・
スポンジボブ123さん
まいどっ!ごめんやすっ!  こんにちは

これは自分の考えですが、多分ですよ・・・

ゼニ(銭)勘定にシビアな大阪人の原価縮小の努力の結果
(良く言えば…)または
原料小麦粉価格の上昇によって粉代をケチった(悪く言えば…)と考えられます。

ここ数年、大阪の家庭でもお店でもお好み焼の大きさが、15センチ前後になってきてるなぁって感じてます。裏返しやすいちょうど良い大きさなんでしょうね。
ちなみにキャベツの価格で厚みも変化してるようですね。
一般家庭のフライパンなら厚み約2.5センチだと丁度良い火の通りになって、お店の鉄板だと約4センチくらいの厚みまではしっかり焼けるようです。

大阪人はお好み焼きにこだわりがあるので、皆さん独自のレシピ(ほとんど量らず目分量でやってますが…)を持っていて、美味しいお好み焼きを発見すると吸収したがりますからね。

大きさ、厚み、火加減、配合を色々やってみるのも面白いかもしれませんね。

ちなみにウチが厚み約2.5センチにするのは、火加減が終始中火だからです。これより厚いと外だけ焼けて粉っぽさが残るし、薄いとしっかり火が通ってパサっとするからなんです。

キャベツの甘みを引き立てる弱火でじっくり焼くと、とても美味しくて良いってことは分ってるんですが、なにせ大阪人はせっかちなもんでして…(^^ゞ
2012/05/24(木) 11:11:50 | URL | αkira301 #-[ 編集]
Re: 多分ですが・・・
> αkira301 さん

お好み焼きに対するこだわり、わかる気がします。
関東に来て、おいしい!というお好み焼きに出会ったことがないんです。
同じチェーン店でも、関西と関東で何か違う気がするのは気のせい?

我が家では、いつもステンレスのフライパン2個(15㎝と26㎝)を使って焼くのですが、15㎝のほうは小さいからか火の通りがはやいので、表7分、裏5分。26㎝は表10分、裏8分をIHのタイマーを使って焼いています。
火加減は、最初はしっかり予熱しておき、材料を入れたら弱火にして最後まで焼きます。
ちなみに、焼くときに上から押さえつけるのはNGです(よね)!

粉の量も確かにケチっているような気もしますが、その分卵が多く入っているので、トータルのコストはやはり高くついているのかも?

でも、最終的にはキャベツの新鮮さで味は決まるかな?
2012/05/24(木) 17:13:38 | URL | スポンジボブ123 #-[ 編集]
コメント:を投稿する
URL:
コメント:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック:
我が家のお好み焼きは、普通とは少し違ったお好み焼きかもしれません。 小麦粉は大さじ1~2のみ。 つなぎは卵で、キャベツはたっぷりと。 ソースは、鶴橋風月のお好みソース。 ...
2012/05/23(水) 12:33:25 | まとめwoネタ速neo
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。