仕事と子供3人の子育てをしながら、短時間でできる料理とつくばの身近な情報・お役立ち情報を発信します
-------- (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブログランキング・にほんブログ村へ
プラチナレポーター
2011-11-27 (日) | 編集 |
うちの2代目のホームベーカリーはMK。以前はパナソニックでしたが、10数年使ってそろそろ買い替え時かと思い、MKにしたのですが、パナソニックと比べると、耳が固く、ちょっと(?)不満でした。

少し前に残りご飯をつかったパンを作ってから、意外とアレンジしてもそこそこに焼けるのかなぁ、と思い、いろいろ調べ始めました。

まず柔らかいパンを焼くためにトライしたのが、水あめを使ってみること。
水あめを加える分、水の量を減らします。
1.5斤用(ソフト食パンコース)
水:230cc
水あめ:30g
砂糖:大2・1/2
塩:小1・1/2
強力粉:400g
バター:30g
ドライイースト:大0.7

出来上がりは、気持ちソフトな感じ。でも、1日たっても耳が柔らかく、水あめの効果を感じました。


それに気を良くして、今日はホワイトブレッド(自己流)。
砂糖は焼き色を強くしてしまうため、極力少なめにして、水あめを使います。

1.5斤用(食パンコース)
水:100cc
水あめ:30g
牛乳:100cc
生クリーム:30cc
砂糖:4g(少なすぎ?)
ショートニング:30g
塩:小1・1/2
強力粉:400g
ドライイースト:大0.7

今回は、食パンコースで、ショートニングは後入れ(1回目のねりが終わってから投入)、出来上がり2時間前に生地を取り出し、ホームベーカリーの羽を取り、生地は4等分してまるめ直し、ホームベーカリーに戻します。
生地のふくらみは8分目という感じでしたが、出来上がりは軽い感じで柔らかく、なかなか好評でした。
でも、もう少しきめ細かいパンになればなあ。
水あめがパンを柔らかくすることはわかったけど、今日は新しいことをいろいろやってしまったので何がどのように作用しているのかよくわからない。1つ1つ検証が必要かな?
次回は、強力粉を一部薄力粉にしてみようと思います。



ところで、バターに比べてショートニングは身体に悪い、などと聞いたりしますが、本当のところはどうなんだろう。
水あめもいまいちどういうものなのかよくわからない。。。。
水あめの代わりにはちみつも試してみよう!
関連記事

ブログランキング・にほんブログ村へ
プラチナレポーター
コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿する
URL:
コメント:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。